Checkstyle – Block Checks


ブロックに関するチェックです。

※Checkstyle 4.3に対応しています。


EmptyBlock

空のブロックがないかチェックします。

Properties

◆ option

空ブロックの識別方法を指定します。

stmtの場合、ステートメントが存在しない部分を空ブロックとします。

textの場合、何らかの文字が存在しない部分を空ブロックとします。

デフォルト値はstmtです。

◆ tokens

チェック対象を指定します。

デフォルト値は全てです。


LeftCurly

左括弧“ { ”の位置をチェックします。

Properties

◆ option

左括弧“ { ”の位置を指定します。

eolの場合、行末にあるかチェックします。

nlの場合、行頭にあるかチェックします。

nlowの場合、行末にあるかチェックします。

ただし、複数行に跨る場合は行頭にあるかチェックします。

デフォルト値はeolです。

◆ maxLineLength

1行あたりの最大桁数を指定します。

デフォルト値は80です。

◆ tokens

チェック対象を指定します。

デフォルト値は全てです。


NeedBraces

括弧が省略されていないかチェックします。

Properties

◆ tokens

チェック対象を指定します。

デフォルト値は全てです。


RightCurly

右括弧“ } ”の位置をチェックします。

Properties

◆ option

右括弧“ } ”の位置を指定します。

sameの場合、次のステートメントと同じ行にあるかチェックします。

aloneの場合、単独であるかチェックします。

デフォルト値はsameです。

◆ tokens

チェック対象を指定します。

デフォルト値はLITERAL_TRY,LITERAL_CATCH,LITERAL_FINALLY,

LITERAL_IF,LITERAL_ELSEです。

◆ shouldStartLine

右括弧“ } ”から行が始まっているかどうかチェックします。

デフォルト値はtrueです。


AvoidNestedBlocks

ネストしたブロックがないかチェックします。

Properties

◆ allowInSwitchCase

caseブロックのネストを許可するかどうかを指定します。

デフォルト値はfalseです。

関連記事

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top