Checkstyle – Class Design


クラス設計に関するチェックです。

※Checkstyle 4.3に対応しています。


VisibilityModifier

クラスメンバの可視性をチェックします。

Properties

◆ packageAllowed

パッケージスコープのメンバを許可するかどうかを指定します。

デフォルト値はfalseです。

◆ protectedAllowed

protectedメンバを許可するかどうかを指定します。

デフォルト値はfalseです。

◆ publicMemberPattern

チェック対象外とするpublicメンバのパターンを正規表現で指定します。

デフォルト値は^serialVersionUID$です。


FinalClass

finalで定義されているクラスがprivateのコンストラクタで定義されているかチェックします。


InterfaceIsType

メソッドが定義されていないインターフェイスがないかチェックします。

Properties

◆ allowMarkerInterfaces

何も定義されていないインターフェイスを許可するかどうかを指定します。

デフォルト値はtrueです。


HideUtilityClassConstructor

ユーティリティクラスのコンストラクタがpublicで宣言されていないかチェックします。


DesignForExtension

クラスが拡張できるように設計されているかチェックします。


MutableException

例外がイミュータブル(不変)であるかチェックします。

Properties

◆ format

例外クラスの名前のパターンを正規表現で指定します。

デフォルト値は^.*Exception$|^.*Error$です。


ThrowsCount

throwsされている例外の数をチェックします。

Properties

◆ max

スローされる例外の最大数を指定します。

デフォルト値は1です。

関連記事

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top