Apache Commons Lang – StringUtils(IsEmpty / IsBlank)


Apache Commons Langは、java.langパッケージの機能を拡張したコンポーネントです。

そのでもStringUtilsクラスでは、文字列を分割したり、トリムしたり、固定長にしたりといった文字列の操作を簡単に行うための機能が提供されていますので、使用頻度が一番高いと思いますので、StringUtilsクラスから説明していきます。

まず最初は、文字列の入力チェックについてです。


isEmpty

public static boolean isEmpty(java.lang.String str)

チェック対象の文字列がNULL、または空文字かどうかチェックします。


パラメータ:
str – チェック対象の文字列
戻り値:
チェック対象の文字列がNULL、または空文字の場合はtrue、そうでない場合はfalse

StringUtils.isEmpty(null)      = true
StringUtils.isEmpty("")        = true
StringUtils.isEmpty(" ")       = false
StringUtils.isEmpty("bob")     = false
StringUtils.isEmpty("  bob  ") = false

isNotEmpty

public static boolean isNotEmpty(java.lang.String str)

チェック対象の文字列がNULLでない、かつ空文字でないかどうかチェックします。


パラメータ:
str – チェック対象の文字列
戻り値:
チェック対象の文字列がNULLでない、かつ空文字でない場合はtrue、そうでない場合はfalse

StringUtils.isNotEmpty(null)      = false
StringUtils.isNotEmpty("")        = false
StringUtils.isNotEmpty(" ")       = true
StringUtils.isNotEmpty("bob")     = true
StringUtils.isNotEmpty("  bob  ") = true

isBlank

public static boolean isBlank(java.lang.String str)

チェック対象の文字列が空白文字(※1)、または空文字、またはNULLかどうかチェックします。


パラメータ:
str – チェック対象の文字列
戻り値:
チェック対象の文字列が空白文字、または空文字、またはNULLの場合はtrue、そうでない場合はfalse

StringUtils.isBlank(null)      = true
StringUtils.isBlank("")        = true
StringUtils.isBlank(" ")       = true
StringUtils.isBlank("bob")     = false
StringUtils.isBlank("  bob  ") = false

isNotBlank

public static boolean isNotBlank(java.lang.String str)

チェック対象の文字列が空白文字(※1)でない、かつ空文字でない、かつNULLでないかどうかチェックします。


パラメータ:
str – チェック対象の文字列
戻り値:
チェック対象の文字列が空白文字でない、かつ空文字でない、かつNULLでない場合はtrue、そうでない場合はfalse

StringUtils.isNotBlank(null)      = false
StringUtils.isNotBlank("")        = false
StringUtils.isNotBlank(" ")       = false
StringUtils.isNotBlank("bob")     = true
StringUtils.isNotBlank("  bob  ") = true

※1 Character.isWhitespaceで定義された文字列

関連記事

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top