Apache Commons Lang – NumberUtils(Compare / IsDigits / IsNumber)


引き続き、NumberUtilsクラスの説明です。

今回は、数値の比較と、数値のチェックについてです。


compare

public static int compare(double lhs, double rhs)

指定された2つのdouble型の値を比較します。

lhsの値がrhsの値よりも小さい場合は、-1が返却されます。
lhsの値がrhsの値よりも大きい場合は、+1が返却されます。
lhsとrhsの値が等しい場合は、0が返却されます。

評価される順番は大きい順に以下のようになります。

  • NaN
  • 正の無限大
  • doubleの最大値
  • 正の数値
  • +0.0
  • -0.0
  • 負の数値
  • doubleの最小値(-Double.MAX_VALUE)
  • 負の無限大

NaNとNaNの比較の場合には、0が返却されます。


パラメータ:
lhs – double型の値
rhs – double型の値
戻り値:
lhsの方が小さい場合は-1、lhsの方が大きい場合は+1、等しい場合は0


compare

public static int compare(float lhs, float rhs)

指定された2つのfloat型の値を比較します。

lhsの値がrhsの値よりも小さい場合は、-1が返却されます。
lhsの値がrhsの値よりも大きい場合は、+1が返却されます。
lhsとrhsの値が等しい場合は、0が返却されます。

評価される順番は大きい順に以下のようになります。

  • NaN
  • 正の無限大
  • floatの最大値
  • 正の数値
  • +0.0
  • -0.0
  • 負の数値
  • floatの最小値(-Float.MAX_VALUE)
  • 負の無限大

NaNとNaNの比較の場合には、0が返却されます。


パラメータ:
lhs – double型の値
rhs – double型の値
戻り値:
lhsの方が小さい場合は-1、lhsの方が大きい場合は+1、等しい場合は0


isDigits

public static boolean isDigits(java.lang.String str)

チェック対象の文字列が数字の文字だけで構成されているかチェックします。

NULLが指定された場合は、falseを返却します。


パラメータ:
str – チェック対象の文字列
戻り値:
数字の文字だけで構成されている場合はtrue、そうでない場合はfalse


isNumber

public static boolean isNumber(java.lang.String str)

チェック対象の文字列がJavaの数値として認識できるかチェックします。

NULLが指定された場合は、falseを返却します。


パラメータ:
str – チェック対象の文字列
戻り値:
Javaの数値として認識できる場合はtrue、そうでない場合はfalse

関連記事

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top