Apache Commons Lang – StringUtils(LeftPad / RightPad / Center / Repeat)


引き続き、StringUtilsクラスの説明です。

今回は、文字列の埋め込みについてです。


leftPad

public static java.lang.String leftPad(java.lang.String str, int size)

変換対象の文字列が、指定された長さになるまで先頭にスペースを埋め込みます。

変換対象の文字列にNULLが指定された場合は、NULLが返却されます。
変換対象の文字列の長さが指定された変換後の文字列の長さより長い場合は、そのまま変換対処の文字列が返却されます。
変換後の文字列の長さにマイナス値を指定した場合は、0として扱います。


パラメータ:
str – 変換対象の文字列
size – 変換後の文字列の長さ
戻り値:
左埋めされた文字列

StringUtils.leftPad(null, 3)   = null
StringUtils.leftPad("", 3)     = "   "
StringUtils.leftPad("bat", 3)  = "bat"
StringUtils.leftPad("bat", 5)  = "  bat"
StringUtils.leftPad("bat", 1)  = "bat"
StringUtils.leftPad("bat", -1) = "bat"

leftPad

public static java.lang.String leftPad(java.lang.String str, int size, char padChar)

変換対象の文字列が、指定された長さになるまで先頭に指定された文字を埋め込みます。

変換対象の文字列にNULLが指定された場合は、NULLが返却されます。
変換対象の文字列の長さが指定された変換後の文字列の長さより長い場合は、そのまま変換対処の文字列が返却されます。
変換後の文字列の長さにマイナス値を指定した場合は、0として扱います。


パラメータ:
str – 変換対象の文字列
size – 変換後の文字列の長さ
padChar – 埋め込む文字
戻り値:
左埋めされた文字列

StringUtils.leftPad(null, 3, 'z')   = null
StringUtils.leftPad("", 3, 'z')     = "zzz"
StringUtils.leftPad("bat", 3, 'z')  = "bat"
StringUtils.leftPad("bat", 5, 'z')  = "zzbat"
StringUtils.leftPad("bat", 1, 'z')  = "bat"
StringUtils.leftPad("bat", -1, 'z') = "bat"

leftPad

public static java.lang.String leftPad(java.lang.String str, int size, java.lang.String padStr)

変換対象の文字列が、指定された長さになるまで先頭に指定された文字列を埋め込みます。

変換対象の文字列にNULLが指定された場合は、NULLが返却されます。
変換対象の文字列の長さが指定された変換後の文字列の長さより長い場合は、そのまま変換対処の文字列が返却されます。
変換後の文字列の長さにマイナス値を指定した場合は、0として扱います。
埋め込む文字列にNULL、または空文字を指定すると、leftPad(str, size)と同様になります。


パラメータ:
str – 変換対象の文字列
size – 変換後の文字列の長さ
padStr – 埋め込む文字列
戻り値:
左埋めされた文字列

StringUtils.leftPad(null, 3, "z")    = null
StringUtils.leftPad("", 3, "z")      = "zzz"
StringUtils.leftPad("bat", 3, "yz")  = "bat"
StringUtils.leftPad("bat", 5, "yz")  = "yzbat"
StringUtils.leftPad("bat", 8, "yz")  = "yzyzybat"
StringUtils.leftPad("bat", 1, "yz")  = "bat"
StringUtils.leftPad("bat", -1, "yz") = "bat"
StringUtils.leftPad("bat", 5, null)  = "  bat"
StringUtils.leftPad("bat", 5, "")    = "  bat"

rightPad

public static java.lang.String rightPad(java.lang.String str, int size)

変換対象の文字列が、指定された長さになるまで末尾にスペースを埋め込みます。

変換対象の文字列にNULLが指定された場合は、NULLが返却されます。
変換対象の文字列の長さが指定された変換後の文字列の長さより長い場合は、そのまま変換対処の文字列が返却されます。
変換後の文字列の長さにマイナス値を指定した場合は、0として扱います。


パラメータ:
str – 変換対象の文字列
size – 変換後の文字列の長さ
戻り値:
右埋めされた文字列

StringUtils.rightPad(null, 3)   = null
StringUtils.rightPad("", 3)     = "   "
StringUtils.rightPad("bat", 3)  = "bat"
StringUtils.rightPad("bat", 5)  = "bat  "
StringUtils.rightPad("bat", 1)  = "bat"
StringUtils.rightPad("bat", -1) = "bat"

rightPad

public static java.lang.String rightPad(java.lang.String str, int size, char padChar)

変換対象の文字列が、指定された長さになるまで末尾に指定された文字を埋め込みます。

変換対象の文字列にNULLが指定された場合は、NULLが返却されます。
変換対象の文字列の長さが指定された変換後の文字列の長さより長い場合は、そのまま変換対処の文字列が返却されます。
変換後の文字列の長さにマイナス値を指定した場合は、0として扱います。


パラメータ:
str – 変換対象の文字列
size – 変換後の文字列の長さ
padChar – 埋め込む文字
戻り値:
右埋めされた文字列

StringUtils.rightPad(null, 3, 'z')   = null
StringUtils.rightPad("", 3, 'z')     = "zzz"
StringUtils.rightPad("bat", 3, 'z')  = "bat"
StringUtils.rightPad("bat", 5, 'z')  = "batzz"
StringUtils.rightPad("bat", 1, 'z')  = "bat"
StringUtils.rightPad("bat", -1, 'z') = "bat"

rightPad

public static java.lang.String rightPad(java.lang.String str, int size, java.lang.String padStr)

変換対象の文字列が、指定された長さになるまで末尾に指定された文字列を埋め込みます。

変換対象の文字列にNULLが指定された場合は、NULLが返却されます。
変換対象の文字列の長さが指定された変換後の文字列の長さより長い場合は、そのまま変換対処の文字列が返却されます。
変換後の文字列の長さにマイナス値を指定した場合は、0として扱います。
埋め込む文字列にNULL、または空文字を指定すると、rightPad(str, size)と同様になります。


パラメータ:
str – 変換対象の文字列
size – 変換後の文字列の長さ
padStr – 埋め込む文字列
戻り値:
右埋めされた文字列

StringUtils.rightPad(null, 3, "z")    = null
StringUtils.rightPad("", 3, "z")      = "zzz"
StringUtils.rightPad("bat", 3, "yz")  = "bat"
StringUtils.rightPad("bat", 5, "yz")  = "batyz"
StringUtils.rightPad("bat", 8, "yz")  = "batyzyzy"
StringUtils.rightPad("bat", 1, "yz")  = "bat"
StringUtils.rightPad("bat", -1, "yz") = "bat"
StringUtils.rightPad("bat", 5, null)  = "bat  "
StringUtils.rightPad("bat", 5, "")    = "bat  "

center

public static java.lang.String center(java.lang.String str, int size)

変換対象の文字列が中心に配置された、指定された長さの文字列になるように、先頭と末尾にスペースを埋め込みます。

変換対象の文字にNULLが指定された場合は、NULLが返却されます。
変換対象の文字列の長さが指定された変換後の文字列の長さより長い場合は、そのまま変換対処の文字列が返却されます。
変換後の文字列の長さにマイナス値を指定した場合は、0として扱います。


パラメータ:
str – 変換対象の文字列
size – 変換後の文字列の長さ
戻り値:
中央寄せされた文字列

StringUtils.center(null, 4)   = null
StringUtils.center("", 4)     = "    "
StringUtils.center("ab", -1)  = "ab"
StringUtils.center("ab", 4)   = " ab "
StringUtils.center("abcd", 2) = "abcd"
StringUtils.center("a", 4)    = " a  "

center

public static java.lang.String center(java.lang.String str, int size, char padChar)

変換対象の文字列が中心に配置された、指定された長さの文字列になるように、先頭と末尾に指定された文字を埋め込みます。

変換対象の文字にNULLが指定された場合は、NULLが返却されます。
変換対象の文字列の長さが指定された変換後の文字列の長さより長い場合は、そのまま変換対処の文字列が返却されます。
変換後の文字列の長さにマイナス値を指定した場合は、0として扱います。


パラメータ:
str – 変換対象の文字列
size – 変換後の文字列の長さ
padChar -埋め込む文字
戻り値:
中央寄せされた文字列

StringUtils.center(null, 4, ' ')   = null
StringUtils.center("", 4, ' ')     = "    "
StringUtils.center("ab", -1, ' ')  = "ab"
StringUtils.center("ab", 4, ' ')   = " ab "
StringUtils.center("abcd", 2, ' ') = "abcd"
StringUtils.center("a", 4, ' ')    = " a  "
StringUtils.center("a", 4, 'y')    = "yayy"

center

public static java.lang.String center(java.lang.String str, int size, java.lang.String padStr)

変換対象の文字列が中心に配置された、指定された長さの文字列になるように、先頭と末尾に指定された文字列を埋め込みます。

変換対象の文字にNULLが指定された場合は、NULLが返却されます。
変換対象の文字列の長さが指定された変換後の文字列の長さより長い場合は、そのまま変換対処の文字列が返却されます。
変換後の文字列の長さにマイナス値を指定した場合は、0として扱います。
埋め込む文字列にNULL、または空文字を指定すると、center(str, size)と同様になります。


パラメータ:
str – 変換対象の文字列
size – 変換後の文字列の長さ
padStr -埋め込む文字列
戻り値:
中央寄せされた文字列

StringUtils.center(null, 4, " ")   = null
StringUtils.center("", 4, " ")     = "    "
StringUtils.center("ab", -1, " ")  = "ab"
StringUtils.center("ab", 4, " ")   = " ab "
StringUtils.center("abcd", 2, " ") = "abcd"
StringUtils.center("a", 4, " ")    = " a  "
StringUtils.center("a", 4, "yz")   = "yayz"
StringUtils.center("abc", 7, null) = "  abc  "
StringUtils.center("abc", 7, "")   = "  abc  "

repeat

public static java.lang.String repeat(java.lang.String str, int repeat)

指定された文字列を指定された回数繰り返して文字列を作成します。

繰り返す文字列にNULLが指定された場合は、NULLが返却されます。
繰り返す回数にマイナス値を指定した場合は、0として扱います。


パラメータ:
str – 繰り返す文字列
repeat – 繰り返す回数
戻り値:
繰り返された文字列

StringUtils.repeat(null, 2) = null
StringUtils.repeat("", 0)   = ""
StringUtils.repeat("", 2)   = ""
StringUtils.repeat("a", 3)  = "aaa"
StringUtils.repeat("ab", 2) = "abab"
StringUtils.repeat("a", -2) = ""

関連記事

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top