Apache Commons Lang – StringUtils(CountMatches)


引き続き、StringUtilsクラスの説明です。

今回は、文字列の出現数についてです。


countMatches

public static int countMatches(java.lang.String str, java.lang.String sub)

検索対象の文字列の中で、指定された文字列が出現した数を取得します。

検索対象の文字列にNULL、または空文字が指定された場合は、0を返却します。
検索する文字列にNULL、または空文字が指定された場合は、0を返却します。


パラメータ:
str – 検索対象の文字列
sub – 検索する文字列
戻り値:
検索対象の文字列の中で、指定された文字列が出現した数

StringUtils.countMatches(null, "a")     = 0
StringUtils.countMatches("", "a")       = 0
StringUtils.countMatches("abba", null)  = 0
StringUtils.countMatches("abba", "")    = 0
StringUtils.countMatches("abba", "a")   = 2
StringUtils.countMatches("abba", "ab")  = 1
StringUtils.countMatches("abba", "xxx") = 0

関連記事

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top