Apache Commons Lang – DateUtils(SetYears / SetMonths / SetDays / SetHours / SetMinutes / SetSeconds / SetMilliseconds)


引き続き、DateUtilsクラスの説明です。

今回は、日付の再設定についてです。


setYears

public static java.util.Date setYears(java.util.Date date, int amount)

指定された日付の年を指定された年で置き換えたDateオブジェクトを生成します。
元のDateオブジェクトに変更はありません。

DateUtils.setYears("28 Mar 2002 13:45:00.000", 2003) =
                   "28 Mar 2003 13:45:00.000"

DateUtils.setYears(null, 2003) = IllegalArgumentException


パラメータ:
date – 元となるDate型の日付
amount – 年
戻り値:
Date型の日付
例外:
java.lang.IllegalArgumentException – 引数にNULLが指定されている場合


setMonths

public static java.util.Date setMonths(java.util.Date date, int amount)

指定された日付の月を指定された月で置き換えたDateオブジェクトを生成します。
元のDateオブジェクトに変更はありません。

DateUtils.setMonths("28 Mar 2002 13:45:00.000", Apr) =
                    "28 Apr 2002 13:45:00.000"

DateUtils.setMonths(null, Apr) = IllegalArgumentException


パラメータ:
date – 元となるDate型の日付
amount – 月
戻り値:
Date型の日付
例外:
java.lang.IllegalArgumentException – 引数にNULLが指定されている場合


setDays

public static java.util.Date setDays(java.util.Date date, int amount)

指定された日付の日を指定された日で置き換えたDateオブジェクトを生成します。
元のDateオブジェクトに変更はありません。

DateUtils.setDays("28 Mar 2002 13:45:00.000", 29) =
                  "29 Mar 2002 13:45:00.000"

DateUtils.setDays(null, 29) = IllegalArgumentException


パラメータ:
date – 元となるDate型の日付
amount – 日
戻り値:
Date型の日付
例外:
java.lang.IllegalArgumentException – 引数にNULLが指定されている場合


setHours

public static java.util.Date setHours(java.util.Date date, int amount)

指定された日付の時間を指定された時間で置き換えたDateオブジェクトを生成します。
元のDateオブジェクトに変更はありません。

DateUtils.setHours("28 Mar 2002 13:45:00.000", 14) =
                   "28 Mar 2002 14:45:00.000"

DateUtils.setHours(null, 14) = IllegalArgumentException


パラメータ:
date – 元となるDate型の日付
amount – 時間
戻り値:
Date型の日付
例外:
java.lang.IllegalArgumentException – 引数にNULLが指定されている場合


setMinutes

public static java.util.Date setMinutes(java.util.Date date, int amount)

指定された日付の分を指定された分で置き換えたDateオブジェクトを生成します。
元のDateオブジェクトに変更はありません。

DateUtils.setMinutes("28 Mar 2002 13:45:00.000", 46) =
                     "28 Mar 2002 13:46:00.000"

DateUtils.setMinutes(null, 14) = IllegalArgumentException


パラメータ:
date – 元となるDate型の日付
amount – 分
戻り値:
Date型の日付
例外:
java.lang.IllegalArgumentException – 引数にNULLが指定されている場合


setSeconds

public static java.util.Date setSeconds(java.util.Date date, int amount)

指定された日付の秒を指定された秒で置き換えたDateオブジェクトを生成します。
元のDateオブジェクトに変更はありません。

DateUtils.setSeconds("28 Mar 2002 13:45:00.000", 1) =
                     "28 Mar 2002 13:45:01.000"

DateUtils.setSeconds(null, 1) = IllegalArgumentException


パラメータ:
date – 元となるDate型の日付
amount – 秒
戻り値:
Date型の日付
例外:
java.lang.IllegalArgumentException – 引数にNULLが指定されている場合


setMilliseconds

public static java.util.Date setMilliseconds(java.util.Date date, int amount)

指定された日付のミリ秒を指定されたミリ秒で置き換えたDateオブジェクトを生成します。
元のDateオブジェクトに変更はありません。

DateUtils.setMilliseconds("28 Mar 2002 13:45:00.000", 1) =
                          "28 Mar 2002 13:45:00.001"

DateUtils.setMilliseconds(null, 1) = IllegalArgumentException


パラメータ:
date – 元となるDate型の日付
amount – ミリ秒
戻り値:
Date型の日付
例外:
java.lang.IllegalArgumentException – 引数にNULLが指定されている場合

関連記事

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top