Apache Commons Lang – StringEscapeUtils(Java / Java Script)


StringEscapeUtilsクラスでは、Java、Java Script、HTML、XML、SQL、CSVで文字列を扱う際のエスケープ・アンエスケープするための機能が提供されています。

まずは、JavaとJava Scriptの文字列のエスケープ・アンエスケープについてです。


escapeJava

public static java.lang.String escapeJava(java.lang.String str)

改行・タブ・ダブルクォートなどを表すための特殊文字をJavaの文字列として扱うことができるようにエスケープします。


パラメータ:
str – エスケープする文字列
戻り値:
エスケープされた文字列

StringEscapeUtils.escapeJava(He didn't say, "Stop!") = He didn't say, \"Stop!\"

escapeJava

public static void escapeJava(java.io.Writer out, java.lang.String str) throws java.io.IOException

改行・タブ・ダブルクォートなどを表すための特殊文字をJavaの文字列として扱うことができるようにエスケープし、ライターに出力します。


パラメータ:
out – ライター
str – エスケープする文字列
例外:
java.lang.IllegalArgumentException – ライターにNULLが指定された場合
java.io.IOException – ライターで例外が発生した場合


unescapeJava

public static java.lang.String unescapeJava(java.lang.String str)

Javaの文字列として扱うことができるようにエスケープされた改行・タブ・ダブルクォートなどを表すための特殊文字を元に戻します。


パラメータ:
str – アンエスケープする文字列
戻り値:
アンエスケープされた文字列

StringEscapeUtils.unescapeJava(He didn't say, \"Stop!\") = He didn't say, "Stop!"

unescapeJava

public static void unescapeJava(java.io.Writer out, java.lang.String str) throws java.io.IOException

Javaの文字列として扱うことができるようにエスケープされた改行・タブ・ダブルクォートなどを表すための特殊文字を元に戻し、ライターに出力します。


パラメータ:
out – ライター
str – アンエスケープする文字列
例外:
java.lang.IllegalArgumentException – ライターにNULLが指定された場合
java.io.IOException – ライターで例外が発生した場合


escapeJavaScript

public static java.lang.String escapeJavaScript(java.lang.String str)

改行・タブ・ダブルクォートなどを表すための特殊文字をJava Scriptの文字列として扱うことができるようにエスケープします。


パラメータ:
str – エスケープする文字列
戻り値:
エスケープされた文字列

StringEscapeUtils.escapeJavaScript(He didn't say, "Stop!") = He didn't say, \"Stop!\"

escapeJavaScript

public static void escapeJavaScript(java.io.Writer out, java.lang.String str) throws java.io.IOException

改行・タブ・ダブルクォートなどを表すための特殊文字をJava Scriptの文字列として扱うことができるようにエスケープし、ライターに出力します。


パラメータ:
out – ライター
str – エスケープする文字列
例外:
java.lang.IllegalArgumentException – ライターにNULLが指定された場合
java.io.IOException – ライターで例外が発生した場合


unescapeJavaScript

public static java.lang.String unescapeJavaScript(java.lang.String str)

Java Scriptの文字列として扱うことができるようにエスケープされた改行・タブ・ダブルクォートなどを表すための特殊文字を元に戻します。


パラメータ:
str – アンエスケープする文字列
戻り値:
アンエスケープされた文字列

StringEscapeUtils.unescapeJavaScript(He didn't say, \"Stop!\") = He didn't say, "Stop!"

unescapeJavaScript

public static void unescapeJavaScript(java.io.Writer out, java.lang.String str) throws java.io.IOException

Java Scriptの文字列として扱うことができるようにエスケープされた改行・タブ・ダブルクォートなどを表すための特殊文字を元に戻し、ライターに出力します。


パラメータ:
out – ライター
str – アンエスケープする文字列
例外:
java.lang.IllegalArgumentException – ライターにNULLが指定された場合
java.io.IOException – ライターで例外が発生した場合

関連記事

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top