Java Tips – DOM – XMLドキュメントのDOCUMENTノードの情報に取得するには


DOM(Document Object Model)を使用して、XMLドキュメントのDOCUMENTノードの情報に取得する手順は以下の通りです。

  1. DOMParserクラスのparseメソッドで、XMLドキュメントのパース処理を行います。
  2. DOMParserクラスのgetDocumentメソッドで、DOCUMENTノードを取得します。

パース処理するXMLドキュメントは以下の通りです。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?><root/>

package net.tk_factory.example.xml.dom;

import java.io.IOException;

import org.apache.log4j.Logger;
import org.apache.xerces.parsers.DOMParser;
import org.w3c.dom.Document;
import org.xml.sax.SAXException;

import net.tk_factory.example.AbstractExample;

/**
 * DOM(Document Object Model)を使用したサンプルプログラムです。<br/>
 * <br/>
 * <b>内容</b>
 * <ol type="1">
 * <li>DOCUMENTノードの情報を取得します。</li>
 * </ol>
 *
 * @author Takafumi Kondo (TK Factory)
 */
public class ExampleParseXMLDocument extends AbstractExample
{
    /** クラス名 */
    private static final String CLASS_NAME =
            ExampleParseXMLDocument.class.getSimpleName();

    /** ロガー */
    private static final Logger LOGGER =
            Logger.getLogger(ExampleParseXMLDocument.class.getName());

    /** 入力ファイル名 */
    private static final String IN_FILE_NAME =
            EXAMPLE_FILE_DIRECTORY + CLASS_NAME + ".xml";

    /**
     * ExampleParseXMLDocumentオブジェクトを構築すると、
     * UnsupportedOperationExceptionがスローされます。<br/>
     */
    protected ExampleParseXMLDocument()
    {
        throw new UnsupportedOperationException();
    }

    /**
     * mainメソッドです。<br/>
     *
     * @param args 引数
     */
    public static void main(String[] args)
    {
        LOGGER.info("[START]" + CLASS_NAME);

        try
        {
            //パーサを生成する
            DOMParser parser = new DOMParser();

            //XMLファイルをパースする
            parser.parse(IN_FILE_NAME);

            //DOCUMENTノードを取得する
            Document document = parser.getDocument();

            //DOCUMENTノードのノード名を取得する
            LOGGER.debug(document.getNodeName());
            //DOCUMENTノードのノードタイプを取得する
            LOGGER.debug(document.getNodeType());
        }
        catch (SAXException ex)
        {
            //XMLファイルのパースに失敗した場合
            LOGGER.error(getStackTrace(ex));
        }
        catch (IOException ex)
        {
            //入出力例外が発生した場合
            LOGGER.error(getStackTrace(ex));
        }

        LOGGER.info("[E N D]" + CLASS_NAME);
    }
}

上記のサンプルプログラムの実行結果は以下の通りです。

2010/04/22 21:49:34.373 [INFO ]:    0:[START]ExampleParseXMLDocument
2010/04/22 21:49:34.373 [DEBUG]:    0:#document
2010/04/22 21:49:34.373 [DEBUG]:    0:9
2010/04/22 21:49:34.373 [INFO ]:    0:[E N D]ExampleParseXMLDocument

関連記事

  1. ソースを見直し、一部、修正しました。

  1. トラックバック 0

return top