Java Tips – DOM – XMLドキュメントの属性の名称を指定して属性の値を取得するには


DOM(Document Object Model)を使用して、XMLドキュメントの属性の名称を指定して属性の値を取得する手順は以下の通りです。

  1. NodeクラスのgetAttributesメソッドを使用して、要素に設定されている全ての属性を取得します。
  2. NamedNodeMapクラスのgetNamedItemメソッドを使用して、指定した名称の属性を取得します。
  3. NodeクラスのgetNodeValueメソッドを使用して、属性の値を取得します。

パース処理するXMLドキュメントは以下の通りです。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<root><child attr1="1" attr2="2" /></root>

package net.tk_factory.example.xml.dom;

import java.io.IOException;

import org.apache.log4j.Logger;
import org.apache.xerces.parsers.DOMParser;
import org.w3c.dom.Document;
import org.w3c.dom.NamedNodeMap;
import org.w3c.dom.Node;
import org.xml.sax.SAXException;

import net.tk_factory.example.AbstractExample;

/**
 * DOM(Document Object Model)を使用したサンプルプログラムです。<br/>
 * <br/>
 * <b>内容</b>
 * <ol type="1">
 * <li>属性の名称を指定して属性の値を取得します。</li>
 * </ol>
 *
 * @author Takafumi Kondo (TK Factory)
 */
public class ExampleGetAttributeByName extends AbstractExample
{
    /** クラス名 */
    private static final String CLASS_NAME =
            ExampleGetAttributeByName.class.getSimpleName();

    /** ロガー */
    private static final Logger LOGGER =
            Logger.getLogger(ExampleGetAttributeByName.class.getName());

    /** 入力ファイル名 */
    private static final String IN_FILE_NAME =
            EXAMPLE_FILE_DIRECTORY + CLASS_NAME + ".xml";

    /**
     * ExampleGetAttributeByNameオブジェクトを構築すると、
     * UnsupportedOperationExceptionがスローされます。<br/>
     */
    protected ExampleGetAttributeByName()
    {
        throw new UnsupportedOperationException();
    }

    /**
     * mainメソッドです。<br/>
     *
     * @param args 引数
     */
    public static void main(String[] args)
    {
        LOGGER.info("[START]" + CLASS_NAME);

        try
        {
            //パーサを生成する
            DOMParser parser = new DOMParser();

            //XMLファイルをパースする
            parser.parse(IN_FILE_NAME);

            //DOCUMENTノードを取得する
            Document document = parser.getDocument();

            if (document.hasChildNodes())
            {
                //ルート要素がある場合
                //ルート要素を取得する
                Node root = document.getFirstChild();

                if (root.hasChildNodes())
                {
                    //ルート要素に子要素がある場合
                    //子要素を取得する
                    Node child = root.getFirstChild();

                    //子要素の属性を取得する
                    NamedNodeMap attrs = child.getAttributes();
                    if (attrs != null)
                    {
                        Node attr1 = attrs.getNamedItem("attr1");

                        //属性の名前を取得する
                        LOGGER.debug("NodeName=" + attr1.getNodeName());
                        //属性の値を取得する
                        LOGGER.debug("NodeValue=" + attr1.getNodeValue());

                        Node attr2 = attrs.getNamedItem("attr2");

                        //属性の名前を取得する
                        LOGGER.debug("NodeName=" + attr2.getNodeName());
                        //属性の値を取得する
                        LOGGER.debug("NodeValue=" + attr2.getNodeValue());

                    }
                }
            }
        }
        catch (SAXException ex)
        {
            //XMLファイルのパースに失敗した場合
            LOGGER.error(getStackTrace(ex));
        }
        catch (IOException ex)
        {
            //入出力例外が発生した場合
            LOGGER.error(getStackTrace(ex));
        }

        LOGGER.info("[E N D]" + CLASS_NAME);
    }
}

上記のサンプルプログラムの実行結果は以下の通りです。

2010/04/26 22:00:18.728 [INFO ]:    0:[START]ExampleGetAttributeByName
2010/04/26 22:00:18.744 [DEBUG]:   16:NodeName=attr1
2010/04/26 22:00:18.744 [DEBUG]:   16:NodeValue=1
2010/04/26 22:00:18.744 [DEBUG]:   16:NodeName=attr2
2010/04/26 22:00:18.744 [DEBUG]:   16:NodeValue=2
2010/04/26 22:00:18.744 [INFO ]:   16:[E N D]ExampleGetAttributeByName

関連記事

  1. ソースを見直し、一部、修正しました。

  1. トラックバック 0

return top