Eclipse – AVD(Android Virtual Device)の追加


EclipseからAndroid端末のエミュレータを起動するためにAVD(Android Virtual Device)を追加します。

1. メニューから「ウィンドウ」→「Android SDK および ADVマネージャー」を選択します。

2. 「Virtual Devices」を選択し、「新規…」ボタンを押下します。

3. 「Create new Android Virtual Device(AVD)」ダイアログで、名前には適当な名前を、ターゲットには対象とするAVDのバージョンを、Skinには想定する端末のサイズを選択し、「Create AVD」ボタンを押下します。

4. 作成したAVDを選択し、「開始…」ボタンを押下します。

5. 「起動」ボタンを押下し、エミュレータを起動します。
 ※エミュレータが起動するまで、しばらく時間がかかります。

6. エミュレータが起動すれば完了です。

以上。

関連記事

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top