PMD – Antからの使用方法


AntのデフォルトタスクにPMDはありませんので、taskdef要素で宣言する必要があります。
以下は、build.xmlのサンプルです。
必要に応じて変更してください。

<!-- チェック対象のソースファイルがあるディレクトリ -->
<property name="src.dir" value="D:/HOGEHOGE/WEB-INF/src" />

<!-- PMDインストールディレクトリ -->
<property name="pmd.dir" value="D:/pmd-3.9/lib" />

<target name="pmd" >
  <!-- PMDの宣言 -->
  <taskdef name="pmd"
      classname="net.sourceforge.pmd.ant.PMDTask"
      classpath="${pmd.dir}/pmd-3.8.jar" />

  <pmd shortFilenames="true">
    <!-- ルール・セットの指定 -->
    <ruleset>basic</ruleset>

    <!-- チェック結果ファイル -->
    <!-- HTMLの場合 -->
    <formatter type="html" toFile="pmd_report.html" />
    <!-- XMLの場合 -->
    <!-- <formatter type="xml" toFile="pmd_report.xml" /> -->

    <!-- チェック対象のファイル指定 -->
    <fileset dir="${src.dir}" >
      <include name="=**/*.java" />
    </fileset>
  </pmd>
</target>

個別に用意したルール・セットのXMLファイルを指定する場合は
<pmd>タグを以下のように変更します。

<pmd rulesetfiles="pmd_ruleset.xml">

関連記事

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top