JavaScript – 戻るボタンを禁止するには


WEBシステムではブラウザを使用することが多いですね。
ここで、よく問題になるのが”戻るボタン”の取り扱いです。

処理の途中で”戻るボタン”で画面を戻して前の画面に戻り、再度、処理を行うと、2重に処理が行われたり、処理が正しく行われなくなってしまうことがよくあります。

そこで、”戻るボタン”を無効にする方法はないものかと探していたら、JavaScriptのみで、しかも、ものスゴク簡単な方法で実現できることが判明!!

[js]
<script type="text/javascript">
<!–
history.forward();
–>
</script>
[/js]

たったのこれだけです。
簡単すぎです。。。

関連記事

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top